仕事が見つからない人に朗報!介護の世界なら職にありつける可能性大

介護の世界はとにかく人手不足なので

介護の世界はどこも人手不足です。スタッフは日々、大量の仕事を任されて大変な思いをしながら働いています。経営者側も追加人員は常に募集しているような状態ですから、仕事がなくて困っている人は介護業界に目を向けてみましょう。すぐに仕事が見つかる可能性が高いです。

介護士になるためには資格が必要?

介護士になるためには資格が必要になるのではないかと心配をしている人も多いことでしょう。しかし、末端の介護職として働くだけなら何も資格は必要ありません。介護職員初任者研修のような研修は受けておいた方がいいですが、それも必須ではないのです。何も資格がなくても、問題なく働いていくことはできます。そもそも、介護福祉士や社会福祉士の資格を取得するためには現場で三年の経験を積まなければなりません。ですから、最初は誰もがこうした資格を持たずに介護現場にやってくるものなのです。

資格を取るとしたらどんなものがあるのか

昔はホームヘルパーという資格があったのですが、それはもうなくなっています。代わりに介護職員初任者研修というものができました。これは、試験ではなく研修です。参加しさえすれば誰にでも取得できますから、他業界からの転職を考えているならまずこれぐらいは取っておくといいでしょう。採用時にもこの資格があると強いです。現場に出てからも役立つ知識を教えてくれますから、まったくの業界未経験者でもスムーズに仕事に慣れていくことができます。介護士として働き続けるならどうせいつかは取らなければならない資格ですから、それなら入る前に取っておいていいでしょう。

介護の求人を東京で探す場合、介護福祉士や初任者研修などの有資格者や経験者であれば給料が優遇されます。