従業員の健康管理の専門家、産業医とは!?

産業医という仕事について

産業医って言葉は聞いたことがあるし、会社にいるお医者さんのことだってことは想像できます。今回はその産業医について詳しく調べてみました。医師会のサイトによると、産業医とは「事業場において事業者の健康管理について、専門的な立場から指導・助言を行う医師」のこと。常時50人以上の従業員がいる場合は、産業医の選任が義務付けられています。

産業医と病院の医師、違いはあるの!?

産業医になるには、医師であることに加え、厚生労働省が定める労働者の健康管理を行うのに必要な医学の知識についての研修を受ける必要があります。産業医として働く前にこの研修を修了することはもちろんですが、働き始めてからも他科の医師のように産業医学会があり、実際にあった事例を共有し、産業衛生の進歩をはかっています。

では、具体的に何をしている!?

産業医の主な業務は、健康診断後の指導、職場巡視、安全衛生委員会への出席、健康相談、面談などです。実際に、産業医と接する機会があるのは健康診断で引っかかった後の健康相談、面談でしょう。そこでは、自分の健康面について気軽に相談してみましょう。産業医が従業員の解雇に関与することはありませんし、長時間労働改善の助言なども医師の立場から行うこともできます。夜眠れないなどの仕事のストレスからくる症状があれば一度産業医に相談してみてはいかがでしょうか。専門家ならではの解決策を提示してくれるかもしれません。

より働きやすい職場を作るために、すでにある産業医制度をもっと活用してみましょう。

産業医の募集に対する関心が高まっている理由として、やり甲斐を持てることが挙げられています。社員の健康管理や労働環境の改善など、仕事の内容が充実しています。