介護の仕事にはどのようなものがあるのか?!介護の仕事の選び方

提供サービスの内容によって現場の仕事内容も様々

日本社会では高齢化の進行とともに介護業界が提供するサービスに注目が集まっています。最近では介護が必要な高齢者の数が増えるにつれて、提供される介護サービスの内容もさらに充実してきています。ADLが自立していない高齢者が多く入居する特別養護老人ホームでは24時間体制で手厚い介護サービスを受けることができ、一方、比較的元気な高齢者が利用する機能訓練型デイサービスではリハビリテーションや運動療法などがメインに行われています。このように提供するサービス内容が異なれば、当然介護の現場での仕事内容も変わっています。特別養護老人ホームではADLが自立していない高齢者が多いため、身体介護サービスの提供がメインになってきます。一方、機能訓練型デイサービスでは身体介護サービスは行うことはなく、リハビリテーションの補助などの仕事内容が多くなります。

どのような介護の仕事をしたいかを決めておく

今後も高齢化が進む日本社会では介護業界への就職希望者は増えてきていますが、実際どのような介護の仕事をしたいのかを決めておく必要があります。提供サービスによって仕事内容が変わることは当然ですが、介護施設によっては勤務形態も大きく変わる場合があります。例えば、高齢者が入居する入所型介護施設の場合、施設は24時間体制で稼働することになります。そのため月に数回は夜勤勤務に就く必要が出て来ます。通所型介護施設の場合は高齢者が日帰りで利用するため、スタッフが夜勤勤務をすることはほとんどありません。これらを踏まえてどのような現場で、どのような仕事内容・勤務形態での勤務が希望なのかを事前にある程度決めておきましょう。

介護業界では人材不足がいわれており、特に都市部において人材不足が深刻な状況となっています。そういったこともあり、介護の求人は都市部に多くあります。