意外と知らない!?保育士はどんな仕事をしてるの?

子どもの生活習慣の確立の援助

子どもが、正しい生活習慣を身に付けるための援助を行います。ご飯を自分で食べたり、衣類の着脱うトイレが一人でできるようになるために援助を行い、子どもは生活習慣を確立していきます。

様々な体験ができる遊びの展開

子どもは、遊ぶことから様々なことを学びます。鬼ごっこは、走る遊びです。走ることから走力や体力、汗をかく気持ちよさや友達と遊ぶ楽しさを味わいます。子どもの成長につながる遊びが展開できるような環境をつくり、保育士も共に楽しく遊ぶことが大切です。

危険回避で子どもの命を守る

子どもは危ないということが理解できずに何でも手に持って遊んだり、口に入れたりします。はさみやカッターが置きっぱなしにならないように危険を回避しておくことは、子どもの命を守る為に必ず必要です。

保護者との信頼関係を築く

子どもの成長をより良いものにするためには、家庭と園の連携が必要です。例えば保育園で嫌いな食べ物を食べられたとします。

しかし家庭では、嫌いだからと食卓にださないのではなく、保育園で食べられたのえらいね、今日も食べてみようか?と連携すると好き嫌いを克服しやすくなります。

子どもの発達段階を理解しその子に合った援助を行う

子どもは月齢が同じでも、一人ひとり発達段階に個人差があります。はさみを使う活動でも上手に使える子と、うまくできない子がでてきます。

上手くできない子には、寄り添い声をかけたり上手に出来た子に聞いてみたら?と声をかけます。このように発達段階によって援助方法を変えることが大切です。保育士が代わりに切るのではなく、必要最低限の援助を行うと子どもは、できた時の達成感を味わうことができます。

大阪には保育士の求人が多いです。インターネットなら、条件を絞り込んで求人を探すことができます。そのため、早めに保育士の求人を大阪で見つけたいならネットを利用するのがよいでしょう。